オーディションに臨む心意気|ボーカルとしての運命を左右する知識

レディー

モデルになれる子とは

ライト

子ども向けおもちゃやキッズファッションの写真やCMを飾るキッズモデル。ゆくゆくは、自分の子どもをキッズモデルにしたいと考えている人もいるでしょう。キッズモデルに向いているという条件としては、まず物怖じせず人見知りをしない子です。大勢のスタッフや大人に囲まれる上に、ポーズの指南をされることもあります。また、知らない大人や子どもと一緒に写真を撮ることができることも第一の条件と言えるでしょう。誰にでも人懐っこく、物怖じしないタイプであれば、キッズモデルとしてやっていけるでしょう。第二の条件としては、挨拶ができ、素直に忠告を聞くことができるのかです。仕事の現場は、双方のコミュニケーションが重要です。挨拶はその基本になります。さらに、素直に忠告を聞くことができるかは、最も重要でしょう。カメラマンなどのポーズ・表情の指南を聞いてくれなくては、良い写真を撮ることは難しいです。撮影が難航してしまうことも考えられるでしょう。キッズモデルにしたい場合には、この辺りをしっかりと教育しておくことが必要です。仕事のできだけではなく、子ども自体のリスク回避にも大事なことです。大人の言うことや忠告を聞かずに、機材に触れて倒してしまうことや危険なところに入り込む恐れもあるため忠告に素直に従うことができるかは重要なのです。キッズモデルでは、年齢よりも小柄な子の方が、落ち着いていて成長が早いそうです。条件を参考に考えてみても良いでしょう。